婚活で困ったこと・大変だったこと

19203359_m.jpg私の住んでいる長野県は大きいですが、東京ほど人口はいません。できれば県内の方、家から遠くない方と思っていました。

条件検索をしましたが、同一エリアの方が少なすぎました。直接会ったとしても、世間は狭く友達の名前も知っていました。少し気まずさが出てきました。

自分のプロフィール写真選びが悩み

一番困ったことは、自分のプロフィール画像と自己紹介文、プロフィールです。プロフィール画像がはっきりしていても嫌だったので、横顔や目線は真正面を向かずに撮ってある写真を選びました。プロフィール画像の設定をしないといいねがほぼ来ないです。

自己紹介文は女性の方だと絵文字を使ったり、可愛く文章を書けたりすると思います。私は文章を可愛く書くことができませんでした。男性のプロフィールは見れますが、同性のプロフィールは見れないため、参考にすることができませんでした。

プロフィールでも趣味特技の欄があります。趣味特技といえるようなことがなく、アピールポイントがなくて困りました。

就職活動のように改めて自分を見つめ直し、アピールポイントを書き出しておくと良いと思います。

男性の年収は本当なのか?

年収は確かに本当なのかはわかりませんでした。年収の判断はわからないので、職業やお付き合いされてからわかってくると思います。

婚活サイトを通じていざ会うとなった時に、何か事件に巻き込まれたりしないか不安に思っていました。インターネットで調べ、初めて会う時は車には乗らず、明るい駅や人が多い場所で待ち合わせした方が良いとありました。実際に会うとなると、女性は不安に思う人が多いと思います。

デートをしてみて、大人すぎるなと思ったり、自分のタイプではなかった方には連絡を絶つにはどうしようと困っていました。ラインの交換をしていましたが、結局既読無視にしてしまいました。

既読無視にしていたら、男性からは嫌だったらはっきり言ってねなど、送られてきました。どちらも良いなと思わなければお付き合いまでに発展しないので、申し訳ない気持ちと罪悪感でした。

自分から出会いを求めるのは良いかもしれませんが、交際費が数ヶ月でだいぶ嵩んだように思えました。仕事はしていたので大丈夫でしたが、遠くまで行くとなると大変かもしれません。

メッセージ交換はしていましたが、やはり初対面です。とても緊張しますし、何を話そうとか思ったりと気を張ると思います。私は自宅に帰ってきてから一人と会っただけでも正直ドッと疲れが出てきてしまいました。

PageTop