長野県の「26歳女子が婚活」して専業主婦へ

874163_397_z.jpg私の婚活体験を書くにあたり、自分のプロフィールを簡単に書かせていただきます。

・性別    女性
・都道府県  長野県
・年齢    26歳
・初婚
・職業    専業主婦

私は母親のような女性になり、妻になりたいと思っていました。私の母はとてもパワフルです。疲れていたとしてとしても、仕事にはいつも全力で向かい、家に帰宅すると家事をこなします。

子供の時も今もたくさん私の話を聞いてくれます。嬉しかった時は母も喜んでくれ、嬉しさが二倍になります。学校で悲しいことがあった時や仕事で嫌なことがあった時には、母は相談にものってくれ、明るい母にはいつも心を救われてきました。

女性が家事をするという決まりはありませんが、私も母のように家族の健康を気遣った料理を作りたいと思っています。健康がやはり一番大事です。主人は家のためにも仕事を一生懸命頑張って働いてくれています。私ができることは家事全般、家族の健康管理だと思います。

私は3人兄弟です。小さい頃は家族皆で富士急ハイランドや、ディズニーランド、スキーなど旅行に連れて行ってもらいました。子供は一人でも欲しいです。今度は親の立場になって下調べをしたり、家族旅行に行きたいと思います。

結婚をしてみて、結婚て本当に両家の繋がりが深くなって凄いなと感じます。恋人であった彼も今となっては主人になりました。呼び方も変わります。名字も変わります。

明るく温かな家庭を築きたい

私の実家がそのようなぬくもりのある家庭でした。私もその実家を目指したいです。

「朝の卵焼きで幸せを感じるー。」

のように、ちょっとしたことでも幸せに思える家庭にしたいです。

仕事をしていると精神的にも気を遣うと思います。家に帰ってきて家族の顔を見て、本当にリラックスしてホッとできる環境にしたいです。

夫婦お互いに思いやりをもつこと

たまに主人の癖や嫌なことでイラッとして怒ってしまいます。怒るのではなく、こうしてもらえると良いなとか言い方に気をつけたいです。

いつも「ありがとう」の感謝の気持ちを忘れずにいたいです。一緒にいると何かすることが当たり前になってしまわないようにしたいです。

おしゃれに気をつける

家族になってから一緒に出かけることはありますが、女性を忘れないようにいつでも綺麗に思えるようにいたいです。お出かけするときは、お化粧をしてファッションにも気をつけたいです。

夫婦になってしまうと適当になってしまうこともありますが、私はデートのような感覚をいつでも持ち続けたいと思います。お互いの服を選び合うのも素敵だと思います。

PageTop